学歴コンプレックスの人の特徴診断60コ

学歴コンプレックスとは、自分の学歴に劣等感を持つこと、または持っている人を意味します。学歴への意識が強く、自分よりも学歴が高ければペコペコし、自分より学歴が低いと見下す傾向にあります。

このページでは、学歴コンプレックスの人の特賞を、性格・行動・心理にわけて紹介していきます。

自分が学歴コンプレックスなのかどうか、当てはまらないかチェックしてみましょう。

特徴一覧

学歴コンプレックスの人の性格の特徴

性格:消極的

学歴コンプレックスの人は消極的な性格の人が多いです。自分に自信が持てず、意見や考えを口にすることは少ない傾向があります。失敗を恐れて自ら進んで物事に取り組むことが苦手です。

「恋人は消極的な人です。ダンスが上手く、ステージのソロパートを依頼されましたが、自分には向いていないからとさっさと辞退してしまいました。」

性格:感情的・短絡的

学歴コンプレックスの人感情的・短絡的

感情的または直感的な判断で行動をしてしまうのも学歴コンプレックスの人の特徴。ときどき冷静になれずに、誤った選択をしてしまい、後悔して落ち込むことも、

「同僚がかなり感情的なタイプで、失敗を責めているわけではなく、改善をしようねと言っているのに、自分を非難されていると感じて、泣き出してしまう人がいますね。大変ですよ」

性格:ネガティブ・悲観的

学歴コンプレックスの人ネガティブ・悲観的学歴コンプレックスの人は、ポジティブ思考よりもネガティブ思考の人が多い。

「部活の後輩は、少し監督に注意されただけで拗ねたり、深く落ち込んでしまうネガティブ思考の持ち主。試合でも少しミスしただけで、自分のせいだと落ちこんでしまうので、ちょっと直してほしいなと思います」

性格:謙虚

横柄にならず謙虚な姿勢も学歴コンプレックスの人の特徴です。特印年上の方から謙虚な姿勢を高く評価されます。

「職場が同じ営業の同僚は、上司にとても気に入られてます。自分の成果でドヤ顔しないし、自分のことをまだまだ未熟だと口癖のように言っています。常に成長をしようという現れでしょうかね。羨ましいです」

性格:自己否定

学歴コンプレックスの人は自己否定的な性格の人が多いです。何をするにも他人と比べて劣等感を感じてしまい、自分に自信が持てない傾向があります。物事をネガティブな視点で捉えることが多いです。

「弟は自己否定的な人です。兄が成績優秀でいつも両親から褒められるのを見て、よく自分を卑下する言葉を口にしています。」

【診断リスト】学歴コンプレックスの人の行動の特徴・あるある

行動の特徴:疑い深い・疑心暗鬼

学歴コンプレックスの人疑い深い・疑心暗鬼

学歴コンプレックスの人は疑い深い性格の人が多いです。初対面相手にも自分を利用しようとしているのではないかと、疑いの目をかけ、本気で人を信頼することが少ない特徴があります。

行動の特徴:愚痴を言う

学歴コンプレックスの人は裏で愚痴をよく言っている傾向があります。本人には対面では言えない不満も、本人がいないところならべらべら愚痴や悪口を言いまくります。基本的に、人の愚痴を言う人は、別の所で他の人から愚痴を言われている人間です。

行動の特徴:自分に自信がない・自己肯定感が低い

学歴コンプレックスの人は自分に自信がない人が多いです。自分の短所に目が行きがちで、常に他人と比較して落ち込む傾向があります。自分で自分を評価することができず、他人の目を気にしています。

「サークルの友達は自己肯定感が低いです。歌が上手く、ライブのメインボーカルを依頼されましたが、他に上手い人がいるからと、結局リードボーカルを希望していました。」

行動の特徴:自分を卑下する

学歴コンプレックスの人自分を卑下する学歴コンプレックスの人は自分を卑下する傾向にあります。プライドが高く、失敗を恐れるあまり、予防線として自分に対して卑屈な言葉を投げかけます。他人に構ってほしい気持ちが強いため、周囲からは嫌がられます。

「クラスメイトの女の子は自分を卑下します。成績が良い友達に「どうせ私は頭悪いから」と言ってくるので、テストが返却される日は皆、彼女に近づきません。」

行動の特徴:ストレスに弱い・メンタルが弱い

学歴コンプレックスの人ストレスに弱い・メンタルが弱い学歴コンプレックスの人はメンタルが弱いという特徴があります。ネガティブなものの見方をしてしまい、問題の改善ではなく、できない理由を探してしまいます。自分に自信が持てない人が多いです。

「大学の友達はメンタルが弱いです。講義の課題の提出が明日に迫っていますが、バイトやサークルで時間が取れないからと、明日の講義を休むと言います。」

行動の特徴:人を頼らない

学歴コンプレックスの人は人を頼らない人が多いです。何でも自分で抱え込み、1人でできると勘違いしています。他人を信用していない、プライドが高い人がこの傾向にあります。

「会社の先輩は人を頼ろうとしません。仕事が不調で営業成績が下がった時も、誰にも相談せず、遅くまで外回りをしていてついに体調を崩していました。」

行動の特徴:警戒心がある

学歴コンプレックスの人は警戒心があるという特徴があります。何でも考えすぎてしまい、最悪の事態を想定しながら行動するため、物事に対して慎重になります。想定外の出来事に対応することが苦手です。

「恋人には警戒心があります。初対面の人に対しては素っ気ない態度をとってしまうため、友人からは彼女は不機嫌なのか?とよく聞かれます。」

行動の特徴:根に持つ

学歴コンプレックスの人は根に持つ人が多いです。過去の出来事をいつまでも留め置き、何かあるたびに掘り返してくるので、周囲を嫌な気分にさせます。他人の悪い面によく目を向けています。

「友達は根に持つタイプです。子供のころに、誤って彼のお気に入りのおもちゃを踏んで壊したことを、未だに厭味ったらしく言ってきます。」

行動の特徴:周りの目を気にする

学歴コンプレックスの人は回りの目を気にしがち。自分がどう思われているか、どう評価されているか、楽しませられているかを考えすぎて、積極性や個性がなくなりやすいです。

「回りの目を気にして、一緒にいる人ごとで主張を変えるのが気になります」

行動の特徴:役職や学歴にこだわる

学歴コンプレックスの人は役職や学歴にこだわる人が多くいます。自分より役職や学歴が上の人には、丁寧に接す一方で、自分よりも下の人には横柄な態度をとりがち。そのため、周りからの信頼は低いです。

行動の特徴:自分でやろうとする

学歴コンプレックスの人は自分でやろうとする傾向があります。自分でやった方が早くて正確だと勘違いをしていて、他人に頼ることは面倒くさいと思っています。何かあった時、1人で問題を抱え込んでしまいます。

「会社の部下は自分でやろうとする人です。業務でミスが生じた際に、1人で対応しようとして状況が収まらず、その後チームで対応しましたがミスの発覚が遅かった為、損害が生じました。」

行動の特徴:失敗を許せない

学歴コンプレックスの人は失敗を許せない人が多いです。失敗することに恐怖心を抱いており、自分や他人の失敗は悪いことだと感じています。それゆえに失敗する人を見ると責めてしまいます。

「会社の上司は失敗を許せない人です。部下が業務でミスをした際、毎回原因も聞かずに一方的に責めたてるので、その部下は仕事を退職してしまいました。」

行動の特徴:ルールを守る

学歴コンプレックスの人はルールを守る人が多いです。どんな些細なことでも決められたことを守るので、ミスが少なく周囲からの信頼が厚いです。なぜルールがあるのかを理解して行動できています。

「アルバイト先の先輩はルールを守る人です。店の接客ルールを忠実に守っており、常連客からも気に入られていて、店長からは正社員にスカウトされていました。」

行動の特徴:自分磨き

学歴コンプレックスの人は自分磨きをしている傾向があります。理想像をしっかりと持っていて、その目標に向かって日々努力しています。仕事もプライベートも充実していて、いつも生き生きとしています。

「彼女は自分磨きをしています。毎朝ヨガをしてお気に入りの服で出勤しています。仕事も順調に進んでおり、新店の店長に大抜擢されました。」

行動の特徴:人脈自慢

学歴コンプレックスの人は人脈自慢をする傾向があります。虚栄心が強く、様々な人脈を持っていることをアピールすることであたかも自分に能力があるかのように振舞います。

「会社の先輩は人脈自慢をする人です。異業種交流会で社長や実業家と知り合いになったとよく自慢げに言ってきますが、周囲は誰も相手にしていません。」

行動の特徴:知ったかぶり

学歴コンプレックスの人は知ったかぶりすることもしばしば。自分のプライドが傷つかないように、知っているフリをしますが、実際には周りにはバレバレで、器の小ささを露呈しています。

行動の特徴:著名人の名言を引用

学歴コンプレックスの人はよく著名人の名言を引用します。Appleの創業者ジョブズは〜、ソフトバンクの孫さんが言うように〜、自分の言葉や体験ではなく、権威ある人の言動を使って、納得感を生み出そうとします。中には、説教中に使う人もいて、うざがられます。

行動の特徴:冗談が通じない

学歴コンプレックスの人は冗談が通じない人が多いです。相手からの言葉を真に受けてしまい、感情を乱されることがよくあります。物事に対して柔軟に対応することが苦手です。

「会社の部長は冗談が通じない人です。会議中に場を和ませるために課長が言った冗談に対して本気で怒りだし、以来会議中は会話が盛り上がらず生産性がありません。」

行動の特徴:自分を語らない

学歴コンプレックスの人は自分の話をしたがりません。聞き上手ではある一方で、自分の情報はなるべく発信しない傾向があります。

「人の話をよく聞いてくれて嬉しいんだけど、自分の話をしてくれないから、つかめないんですよね。本心がわからない」

行動の特徴:完璧主義

学歴コンプレックスの人は完璧主義という傾向があります。理想が高く、失敗を恐れるあまり目の前の事に囚われがちです。物事の優先順位を付けるのが苦手で、中途半端に出来ずに仕事に時間がかかります。

「会社の部下は完璧主義です。依頼した全ての業務に対して完成度を上げようとしすぎて、注力すべき業務が疎かになったまま期限を過ぎることがよくあります。」

行動の特徴:自分の不幸話や苦労話が多い

学歴コンプレックスの人自分の不幸話や苦労話が多い

学歴コンプレックスの人は自分の不幸話や苦労話が多いという特徴があります。周囲に構ってほしい気持ちが強く、不幸自慢や苦労自慢によって同情を買い、自分の存在をアピールしようとします。

「研究室の教授は不幸話が多いです。講義の度に貧乏学生時代の不幸自慢をしてくるので、講義の悪い口コミが広がり、受講生が年々減っています。」

行動の特徴:人の不幸が好き

学歴コンプレックスの人は人の不幸が好きという傾向があります。人の不幸話を聞くことで、自分と同じ、もしくは自分より不幸な人がいるのだと安心しています。他人に対して劣等感が強く、自分に自信がない人に多いです。

「クラスメイトの女の子は人の不幸が好きです。誰かが彼氏と別れたなどの話をすると、すぐに興味を持って話を聞いてくるため、彼女の前では話したがらない友人が多いです。」

行動の特徴:陰口や悪口を言う

学歴コンプレックスの人は陰口や悪口を言う傾向があります。他人の欠点ばかりに目を向け、陰でそれを指摘することによって自分が優位に立てると勘違いしています。周囲の信頼を失うことに気づいていません。

「同級生の女の子は人の陰口を言ってばかりです。その場に居ない友人の悪口を毎回言うので、徐々に彼女と仲良くする友人は離れていきました。」

学歴コンプレックスの人の口癖

口癖:でも、だって、私は悪くないもん

学歴コンプレックスの人は「でも」「だって」が口癖です。何でも言い訳をして、責任逃れをしようとします。ネガティブなものの見方をしており、相手の意見もすぐに否定し、受け入れようとしません。

「学校の女友達は「だって」が口癖です。文化祭の準備で看板づくりが進んでおらず責められると、「だって部活の大会が近いから」と言い訳をし、周囲を呆れさせました。」

口癖:なるほど

学歴コンプレックスの人は「なるほど」が口癖です。相手の話を聞いておらず、ただ無意味な相槌をとっているだけの場合が多いです。相手への興味関心が薄く、話す側は徐々に話す気が失せていきます。

「担任の先生は「なるほど」が口癖です。教室でいじめがあり、生徒が相談に行っても聞き流され何も解決しないため、他の先生に相談し、担任は外されました。」

口癖:あのね

学歴コンプレックスの人は「あのね」が口癖の人が多いです。相手とコミュニケーションを積極的に取ろうとする姿勢があります。自分の意見をしっかり相手に伝えようとします。

「部活の部長は「あのね」が口癖です。部内で何か問題が起こるとミーティングで部員にゆっくり語りかけ、場の注目を集めた上で懇々と意見を言うので、皆落ち着いて部長の話を聞きます。」

口癖:いわゆる

学歴コンプレックスの人は「いわゆる」が口癖の人が多いです。上手く言おうと意識しすぎて、やたらと物事を言い換えようとします。多用すると逆に伝わらないという自覚がありません。

「会社の上司は「いわゆる」が口癖です。常識人ぶってよく言い換えをしますが、不要な発言が多くて結論が見えず、チームのミーティングは時間だけがやたらかかります。」

口癖:結局

学歴コンプレックスの人は「結局」が口癖です。物事をネガティブな目線で結論付けようとする傾向があります。問題をさっさと終わらせたいという気持ちになっています。

「サークルの先輩は「結局」が口癖です。ミーティングでは他人の意見に対して否定的な見方をして、場の空気を悪くさせることがよくあります。」

口癖:個人的には

学歴コンプレックスの人は「個人的には」が口癖の人が多いです。あくまで主観的な意見であるというアピールをすることによって、相手と考え方が違うとしてもそれを受け入れる姿勢があります。

「会社の先輩は「個人的には」が口癖です。社内会議では他人の意見にもよく耳を傾け、積極的に自分の意見を発言して、場を回しています。」

口癖:違うんです

学歴コンプレックスの人は「違うんです」が口癖です。自分を正当化するために、他人から批判されてもそれを認めず、弁解しようとします。自分勝手な考えをしがちです。

「部活の後輩は「違うんです」が口癖です。全体練習で演奏が全くできておらず、個人練習不足を指摘されると、必ず言い逃れしようとします。」

口癖:つまり・要するに

学歴コンプレックスの人は「つまり・要するに」が口癖の人が多いです。リーダー気質な人に多く、周囲の話について結論付けたり、まとめるのが得意です。自分に自信があり、論理的に話をすることができます。

「部活の先輩は「要するに」が口癖です。部内で喧嘩があった際は必ず仲裁に入り、お互いの意見をよく聞いたうえで要約し、両者を説得して見せます。」

学歴コンプレックスの人の周りからの印象

印象:うざい・むかつく

学歴コンプレックスの人は、周りからうざい・むかつくと思われてしまいがちです。学歴コンプを隠してれば問題ないですが、学歴コンプであることがにじみ出ていて、よく会話中に学歴の話題を出してきたり、自分の学歴を自虐的に話してきたりして、会話が難しいと思われています。プライドも高い人が多いので、いじるにいじれないのも難しいところです。

印象:ガードが硬い

学歴コンプレックスの人の方は、親しげに接するので、相手の男性または女性が「脈ありかも」と勘違いする場合がありますが、全く脈はなく実際はガードが硬いです。友だちにもなりにくい、という印象を持たれる場合もあります。

印象:保守的

学歴コンプレックスの人は保守的という印象を持たれています。これまでの習慣やルールを頑なに守っており、新しいことに挑戦することが苦手です。周囲の目を気にして、失敗を恐れいます。

「校長先生は保守的な人です。学校の伝統を重んじており、男女平等のご時世に女人禁制の学校行事を未だに続けているので保護者会が紛糾しました。」

印象:マウンティングする

学歴コンプレックスの人はマウンティングするという印象を持たれています。プライドが高く、常に他人と比較して自分がいかに偉いかを重視しています。他人に対して否定的です。

「部活の先輩はマウンティングをする人です。後輩に対しては高圧的な態度で指示する一方で、顧問には礼儀正しく優等生のように振舞います。」

印象:偉そうにする

学歴コンプレックスの人は偉そうにすると周りから思われがちです。年上である・経歴が長いなどの理由でさも自分が偉いかのように接します。他人への配慮はありません。

「会社の先輩は偉そうにしています。後輩の売り上げが良いと、さも自分の教育が良いかのように振舞うので、上司からも呆れられています。」

印象:絶対に謝らない

学歴コンプレックスの人は絶対に謝らないという印象を持たれています。自分の失敗を認めたくないため、誰かのせいにして責任逃れをしようとします。素直に物事を受け止めようとしません。

「会社の部長は絶対に謝らない人です。会議資料にミスがあって社長から指摘された際は、部下のせいにして責めたてるので、部署の雰囲気が悪いです。」

印象:媚びる

学歴コンプレックスの人は媚びを売りがち。年上や年下関係なく、いろんな人にいい顔をするので、同級生や同年代から見ると年上に媚びてるように見えるし、年下を味方につけようとしているよう見えてしまうことも。

「本人は悪気はないんだろうけど、先輩に媚びてるように見えてしまって、上からは好かれてるけど、同僚からはちょっと敬遠されてる(32歳/事務職員)

印象:間違いを認めない

学歴コンプレックスの人は間違いを認めないと周りから思われがちです。何かミスが起こっても、それを他人や環境のせいにして、責任逃れをします。頑固でプライドが高いです。

「担任の先生は間違いを認めない人です。授業中に漢字の間違いがあって生徒から指摘されると、毎回わざとだと言い張ります。」

印象:負けず嫌い

学歴コンプレックスの人は負けず嫌いという印象を持たれています。勝負事で絶対に自分が勝つという強い信念のもと、目標達成に向けて努力を惜しみません。負けても粘り強く挑む力があります。

「サークルの先輩は負けず嫌いな人です。テニス大会で後輩に負けると、翌日から練習量を増やし、次の大会ではリベンジを果たしました。」

印象:他人に厳しい

学歴コンプレックスの人は他人に厳しいと周りから思われがちです。真面目で頑固な性格なため、他人の失敗を許せず正論で責め立てます。他人の悪い面に目が行きがちです。

「会社の上司は他人に厳しい人です。部下が大したことのない失敗をしても頭ごなしに責めたてるので、皆失敗を恐れて仕事をするようになりました。」

印象:プライドが高い

学歴コンプレックスの人はプライドが高いと周りから思われがちです。他人から間違いを指摘されても素直に認めることができません。頑固で、臨機応変に対応することが苦手です。

「課長はプライドが高い人です。一度決めた企画の方針は、途中でうまくいっていないことが判明していても変更しようとしないので、部下からも反感をかっています。」

学歴コンプレックスの人の心理・本性・本音

心理:選ばれたい

学歴コンプレックスの人は選ばれたいという心理の人が多いです。周囲から自分を認めてもらいたい気持ちが強く、頻繁に自己アピールをしようとします。自分を大きく見せようとして空回りすることもあります。

「大学の友達には人に選ばれたいという願望があります。就職活動では、企業面接でわざと誇張して話すので、話の整合性が合わず、なかなか面接が通らないと嘆いていました。」

心理:認められたい

学歴コンプレックスの人は認められたいという本心もあります。友だちが多いと言われたい、好きと言われたい、信頼していると言われたいなど。周りの評価を気にしています。

心理:傷つきたくない

学歴コンプレックスの人は自分自身が傷つくのを避けたい心理があります。他の人の反対意見を言ったり、一緒になって悪口を言わないのは、その人から何かひどいことを言われて傷つくが嫌だからです。

心理:優越感に浸りたい

学歴コンプレックスの人は優越感に浸りたいという心理があります。些細なことでも自分が有利な状況があることに安心しようとします。他人と比較して劣等感を感じることが多く、気持ちが不安定です。

「部活の先輩は優越感に浸りたいという気持ちが強い人です。順調な時は何も言ってこないのに、ミスをして落ち込んでいると途端に上から目線で慰めてくるので信用されていません。」

心理:注目されたい

学歴コンプレックスの人注目されたい

学歴コンプレックスの人は注目されたいという心理の人が多いです。人に認められることによって自分の存在価値を見出そうとしています。他人からの評価をいつも気にしています。

「クラスの男の子は注目されたい願望が強いです。グループラインでは自分に関係ない話でも全て持っていこうとするので、段々ラインを抜ける人が目立ちました。」

学歴コンプレックスの人への対処法・接し方・付き合い方

対処法:距離を置いて関わらないようにする

学歴コンプレックスの人とできるだけ距離を置いて関わらないようにしましょう。関わるとうざいですし、同類の人間として扱われてしまうことも。

対処法:言われたことはスルーする

学歴コンプレックスの人なにかひどいことを言われても、スルーしましょう。いちいち反応していると疲れてしまい、精神が削られていきます。何かを言われても、そうですねー、と適当な相槌を打って、話をすぐに終わらせて、物理的にも距離を起きましょう。

対処法:相手が上司なら適当に褒める

学歴コンプレックスの人がもし上司などで、スルーしたり、冷たくあしらうと今後に支障が出る場合には、適当に褒めてあげましょう。気分良くさせて、でも一定の距離を保ちつつ、できるだけ会話やあ仕事を切り上げて距離を置きましょう。

対処法:自分の情報は一切出さない

学歴コンプレックスの人と関わるときには自分の情報は一切出さないようにしましょう。すぐにクラス内や、職場に噂を流し、ひどいときには嘘を織り交ぜて流されてしまいます。また、良い話は妬みを買うことにもつながり、いじめや仲間はずれにされることも。

対処法:相手を小さく見て余裕を保つ

学歴コンプレックスの人とどうしても関わりは断てず、でも苦しいときは、一歩引いて相手を小さく見て、余裕を保ちましょう。ひどいことを言われても、適当に流しつつ、内心では子どもだなー可愛い可愛いと思うぐらいの余裕が持てると、相手のことが気にならなくなります。

対処法:反面教師にする

学歴コンプレックスの人を反面教師として見るのも1つの手です。こんなふうにならないようにしよう、この人は私に生き方を教えてくれるために生まれてきたんだ、といった具合に、ポジティブに考えるのもよいでしょう。

対処法:思い切って無視する

学歴コンプレックスの人との関係性次第ですが、利害関係がないなら、思い切って無視をしましょう。大切なのはあなたの心が病まないことです。

対処法:思い切って迷惑ですと伝える

学歴コンプレックスの人と学校や仕事の都合で距離はおけなくて、でも一緒にいるとつらい場合には、勇気がいりますが、思い切って迷惑だと伝えてみましょう。相手によっては、自覚症状のないまま振る舞っていることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA